透明封筒激安販売のパックジャパン。OPP袋の特注・オーダーメイドのクリスタルパックと同じサイズはパックジャパンにお任せ下さい。

OPPのオーダーメイド生産事業部パックジャパン OPP袋・別注(オーダーメイド)専門サイト

OPP袋を激安で販売。特注サイズの透明袋専門サイト。別注サイズや加工もお任せ下さい。

 

★OPP袋とクリスタルパックの違い

★OPP袋の”製袋”について

★OPP袋の「帯電防止テープ」

★OPP袋のサイズについて

★袋の厚みについて

OPP袋

●弊社では、静防テープと呼んでいます。

弊社規格品の「テープ付」OPP袋は、全て「帯電防止テープ」(静防テープ)となっています。
(※一部例外商品を除く)

「帯電防止」「静防」とは何かをお話する前に、「テープ」の説明が必要な方がいらっしゃるかも知れませんね。

「OPP袋」(他社さんではクリスタルパックとも言います)には、封筒のように「ふた付」(リップ付とも言います)の袋があります。
蓋がついているということは、当然、封をするために蓋側に「のり」が必要になります。

この糊の役目をしてくれるのが「粘着テープ」です。
(ちなみに蓋側ではなく袋本体側に「粘着テープ」がついたものを「本体テープ」といいます。)

「粘着テープ」は、ご利用者様がOPP袋にチラシや広告、パンフレット、カタログなど、中身を入れて封をするときに初めて使用しますので、それまでは「剥離テープ」を「粘着テープ」の上に貼り付けておくわけです。

そして、使用される方は、OPP袋の「剥離テープ」をビッ!と剥がして封をするわけですが、この「剥離テープ」は静電気を帯びやすい為、剥がした手にまとわりつくんです。

封入作業が1枚や2枚ならまとわりついても気にならないかもしれませんが、100枚、
1,000枚単位の作業ですとどうでしょう?
テープを剥がすたびに手にまとわりついて、手をブンブン振ったくらいでは剥がれず、イライラ度はどんどん上昇して、「もう!やってられるか!」となるわけです。

内職さん泣かせですね。


そこで、「帯電防止テープ」(静防テープ)の登場です。

弊社の「テープ付」OPP袋は、先ほども書いた通り、全て「帯電防止」(静電気防止)となっていますので、イライラすることなく封入作業がはかどり、内職さんはにっこり♪
発注元さんは納期前倒しになってにっこり♪となるわけです。

話が脱線しそうなので、「粘着テープ」のお話に戻りますが、最近こんなことがよくあります。

ご購入予定の方から「以前から○○○○のテープ付OPP袋を使っているんだけど
最近テープの粘着度が強いものに変わって使いづらいのよね。おたくのはどうなの?」
「どうなの?」と言われても他社さんのテープ付OPP袋の粘着度は??

ましてや最近粘着度が強くなったとなると???というわけで、ホームページの「お問い合わせフォーム」からサンプル手配依頼を入れていただきますと、
翌日、「サンプル届いたわ。おたくのテープの粘着度はいい感じね。おまけにOPP袋自体も透明度がよくてきれいだわ。」

というご感想とともにご注文がド〜ンといただけるわけです。ありがたいお話です。


OPP袋

●OPP袋はヨコ×タテの寸法で表現されます。

袋に「横と縦」があるのは分かりますよね。では、どっちが「横」でどっちが「縦」なのでしょうか?これって案外難しいですよね。

答えはOPP袋の口を上に向ければ簡単です。

口に平行な辺が「横」、口に垂直なのが「縦」です。「横」=袋の幅、「縦」=袋の深さ、となるわけです。

では、「120x235」サイズのOPP袋って縦長の袋か横長の袋か分かりますか?

実は、サイズの表記方法はOPP袋業界(他社ではクリスタルパックともいう)で決まりがあるんです。その決まりによると「ヨコxタテ」つまり「120x235」サイズのOPP袋は、縦長の袋を意味します。

そして、フタ付(リップ付とも言います)の袋は、「ヨコ x タテ +フタ」で表記するので、

「120x235+40」と書かれていれば、横(袋の幅)が120、縦(袋の深さ)が235、そしてふたの長さが40の袋となるわけです。
ちなみにこのサイズは、うちの会社の「テー長3」のサイズです。

「ヨコ x タテ x フタ」これを覚えておくと注文するときにかっこいい!かも。


OPP袋

●OPP袋厚みの選び方

弊社の規格品「OPP袋」=「他社ではクリスタルパック」」の厚みは袋のサイズにもよりますが、30ミクロンから50ミクロンまであります。

1ミクロン=0.001ミリメートルですので、0.03ミリから0.05ミリの厚みです。

めちゃめちゃ薄いですね。

そうそう、うちの規格品の品名の頭についている
「#30」とか「#40」って「厚み」を意味しているのをご存知でしたか?

たまにお問い合わせで「#30 A4用って何ミクロンですか?」なんてのがあるとうちの会社の説明不足だなあと反省します。
さてさて、「厚み」に関するお問い合わせで多いのはこのような内容です。

「DM(ダイレクトメール)に使用したいが#30と#40のどっちがいいの?」

弊社では、こうお答えしています。
「一般的には、#30のものが主流です。
豪華さを出すなら#40もしくは#50がおススメです。」

要するに、新築物件や新車、新製品の案内状など中身が高価で高級なものの場合、
あるいは受け取る相手がセレブの場合、「#40」や「#50」の袋を使った方がいいよ〜、ということです(笑)

どうしても厚みのイメージがわかないという方、他社と比べて袋の強度はどうなの?
透明度はどうなの?という方、どうぞ「 お問い合わせフォーム」からサンプルをご依頼下さい。

うちの「OPP袋」も「CPP袋」も他社に負けない自信の商品です!

自信があるから是非手にとって見ていただきたいです。

そ・れ・に、弊社は太っ腹なので、今なら無料&クロネコメール便でお送りします。

 

copyright(C)2009 Pack japan. All right reserved.